血管年齢若返りサプリの選び方

MENU

血管年齢若返りサプリの選び方

血管年齢若返りサプリの選び方としてなにを重視して選べばよいのかよくわからない、という方も多いと思われます。

 

血管年齢若返りサプリは、その名の通り血管年齢を若返らせてくれるサプリのことですが、そもそも血管年齢をなぜ若返らせなければいけないのかというと、血管年齢が上がるほど動脈硬化がおこり、心筋梗塞や脳卒中になるリスクが高くなるため、血管年齢を若返らせる必要があるのです。

 

そもそも血管年齢とは、動脈の固さと詰まり具合いから算出していくもので、血管が弾力性を失って固くてもろくなった状態であれば血管年齢も高くなってしまい、その分動脈硬化の危険性も高くなってしまうのです。

 

動脈硬化の要因は血液がドロドロになっている場合が多く、この原因は食生活の乱れや、運動不足、お酒の飲みすぎ、喫煙などがあげられます。

 

なのでドロドロの血液をサラサラにしてあげることで血管年齢が若返るというわけなのですが、ここで重要なのが血液をサラサラにしてくれる成分をしっかり摂取することになります。

 

血液をサラサラにしてくれる食べ物としては、青魚、たまねぎ、黒酢、にんにく、納豆、しじみなどがあげられますが、これらを食事で摂るとなると毎日の献立を考えるのも大変ですし、長く続けることが中々難しいと思われますが、そのような場合に助かるのがサプリメントになります。

 

実際どのような成分が配合されたサプリが良いのかというと、有名な成分でいうと青魚に含まれているDHAとEPAの配合されたサプリが多く販売されており、このDHAとEPAをベースとしてさらにプラスの成分が配合されたものを選ぶのが良いと思われます。

 

特に血液をサラサラにしてくれるのはEPAのようで、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールのHDLを増加してくれたり、血栓を作りにくくする血小板凝集抑制作用がどの成分よりも高かったり、赤血球変形能改善作用という赤血球を柔らかくして変形しやすくし、毛細血管までいきわたるようにしてくれるという、たくさんの良い効果があるのです。

 

このDHAやEPAがどれだけ配合されているのか数字で比較してみて、より多く配合されているものを選べば、血液もサラサラになって血管年齢を若返らせることができるのではないでしょうか。

 

また、DHAやEPAは酸化しやすい成分で、酸化してしまってはなんの意味もありませんので必ず酸化しにくい製法で作られているかのチェックも必要といえます。

 

サプリメントの封を切った瞬間から魚臭さがする場合には酸化のスピードが早いのでは、とも言われていますので気を付けたほうがよいのですが、これは買ってからでないとわからなかったりするので商品のレビューや口コミなどがあったらチェックしてみて購入者の意見を参考にするのがいいと思われます。

 

他に取りたい成分として、血液をサラサラにするナットウキナーゼや、抗酸化作用で血管の老化を防ぐビタミンEやポリフェノール、糖代謝などに関わるビタミンB群等を取ると血管年齢を若返らせる手助けになります。

 

サプリメントは不足しがちな栄養を手軽に補うことを目的としていますので、生活に取り入れやすく便利ですし、食事では十分な摂取量を確保することができなかったり、食べ合わせによって吸収率が変わってしまうこともあって、なかなか思い通りに必要な栄養素を摂ることが難しいなかでとても有効な健康補助食品なのです。

 

サプリメントであれば吸収率なども考えられて作られていますので、飲むタイミングや量を調整するだけで効率的でなおかつ手軽に必要な栄養素を摂ることができるというわけです。

 

血液をサラサラにしてくれるそれらの成分がどれだけ配合されているのか、プラスアルファの効果はどのようなものがあるのか、自分に必要なものをよく理解して、続けられるサプリメントを探しましょう。

 

血管年齢若返りサプリおすすめNO1

きなり

きなりは、肉中心の食生活で足りなくなったDHAやEPAを補ってくれるサプリメントです。

 

食の欧米化に伴って、日本人の魚の摂取量は15年間で約30%も減ってしまいました。

 

青魚に含まれるDHAやEPAは血液をサラサラにして血管年齢が若返り、血管を健康に保ちますが、魚の摂取量が減ったことで、これらの成分の摂取量も減少してしまったのです。

 

きなりには、豊富なDHA・EPAと共にサラサラ成分の王様と呼ばれるナットウキナーゼが配合されています。

 

特別モニターコースで毎月お届けを申し込むと、初回は67%OFFの1,980円で購入できます。

 

2回目以降のお届けも33%OFFの3,790円なのでお得です。

 

▼きなりのお得なキャンペーン公式サイトはこちらから▼